英語を習わせたいなら子供英会話教室ランキングを要チェック

子供

日本語以外を学ぶ

アルファベット

幼児期から始める効果

近年、小学校の授業で英語を学ぶようになりました。日本も国際化が進んできました。しかし、世界的にみると日本人の英語能力はまだ、高レベルとは言えない状況です。そこで、より強化する意見合いも含めて、対策がなされています。今までは、中学校から英語の授業がありましたが、それを早める事により、語学力が上がるのはもちろん、より早い時期に馴れ親しむ事ができます。こうした背景により、今や保育園でも英語を取り入れているところがあります。幼児期というのは、音を聞き取る能力が大変すぐれています。よく言われる例として、「LとR」の発音の違いを聞き分けられる。というのがあります。これは、大人でも難しいと言われています。保育園へ通うくらいの年頃だと、英語を学ぶと言っても、勉強という感覚ではなく、遊びのうちの一つとして取り入れることができます。英語を取り入れている保育園の多くは、歌を大切にしています。幼児にとって、英語の歌を歌う事は、まさに音遊びそのものです。自然に単語や文法も覚えてしまいます。保育園へ通う幼児の多くは、一日の大半をそこで過ごしますから、その時間、英語を取り入れると、たくさん吸収できます。同時に親しみも増します。保育園に外国人講師がいた場合、容姿の違いなどにも慣れ、偏見を持たないようにもなります。保育園で英語に触れていた事により、後に小学校へ上がった際にスムーズに耳に入り、抵抗感なく学ぶことができます。